医院案内インプラント歯周病(顕微鏡検査)入れ歯一般歯科ホワイトニング審美歯科
トップページ>インプラント

インプラント

implant

 インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、チタン製の人工歯根を埋め、その上に人工の歯をつける治療法です。
 インプラントは両隣の歯を削ることがないので、健康な歯へ負担をかけることはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができるため、顎骨の吸収も少なくなるといわれています。また、義歯は顎の骨に固定されるので取り外す必要がなく、力を入れて噛むことが可能です。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻せます。


●インプラントの長所
・自分の歯と同じ感覚で噛むことができる
・噛む力、味覚が低下しないので、おいしく食べることができる
・周囲の健全歯を傷つけることなく、自然に近い、美しい歯を取り戻すことができる


●インプラントの短所
・手術(抜歯と同程度の外科手術)が必要
・全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ないなど、場合によっては治療できないことがある


治療の順序


1.診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断してもらいます。その後、治療計画を立てます。


2.フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分のインプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。
局部麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。


3.治癒期間

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3〜6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。


4.アバットメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。


5.人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作成します。
その後、アバットメントの上に人口歯を装着して完成です。


6.メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。
先生の指導に従い、正しい歯みがきをこころがけてください。
また半年に1度、定期検診を受け、インプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。


−ページTOPへ−


治療例


●歯を1本失った場合

治療例1

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療をしていましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。


●歯を何本か失った場合

治療例2

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。


●歯をすべて失った場合

治療例3

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。
この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。


−ページTOPへ−


インプラントQ&A


■インプラントは誰でも受けられますか?


ほとんどの方が受けられますが、インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、特殊な処置(GBR、リッジオーグメンテーション、サイナスリフト、ソケットリフトなど)によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。しかし、骨などに大きな問題がある場合、心臓病、糖尿病などの持病がある方、妊娠中の方、あごの骨の状態にもより、手術が難しいこともあります。


■インプラント治療は何歳でも可能ですか?


顎の骨の成長途上の方には(成長の終了時期は個人差がありますが16歳〜20歳くらいまで)人口歯根を埋め込むことはできません。しかし、医学的に条件が整えば、特に年齢の上限をもうけているわけでありません。


■治療期間はどのくらいですか?


インプラントの種類、手術方法、下顎か上顎かによっても異なりますが、平均的には3〜12ヶ月ほどです。


■手術には入院が必要ですか?


全身麻酔が必要な手術以外は入院はありません。ほとんどの歯科医院ではその日のうちに帰宅できます。


■手術後の注意点はありますか?


手術当日は入浴はせずにシャワー程度に済ませ、飲酒・喫煙などは2週間ほど控えるとよいでしょう。翌日くらいまで出血が続きますが、強くうがいをするようなことは避けてください。当日は歯磨きも避けてください。それ以降は担当医師の指示に従ってください。


−ページTOPへ−