医院案内インプラント歯周病(顕微鏡検査)入れ歯一般歯科ホワイトニング審美歯科
トップページ>当院の滅菌について

当院の滅菌について

 滅菌と消毒には大きな違いがあります。
滅菌とは、細菌やウィルスなどの微生物を全て死滅させるために行う行為のことです。
消毒とは、滅菌のように有害な菌も無害な菌も全てを死滅させるのではなく、細菌の量を減らしたり、ある一定のレベルの細菌を死滅させる行為のことです。
消毒薬にも色々な種類があり、傷口の消毒や手の消毒のように、目的にあった消毒薬を使用します。

このように消毒と滅菌には違いがあります。感染予防を考える場合には、人間の体中は無菌状態であると考え、皆様の治療に使用する器材には、全ての微生物を死滅させる「滅菌」を行うことになります。

 滅菌は一般的にオートクレーブと呼ばれる滅菌器を使い、行われています。
器材に付着した微生物が滅菌器の中で作り出される130℃以上の高温な蒸気にさらされ、微生物を構成しているたんぱく質が変化を起こし、死滅します。

当院では安心して治療していただくために、滅菌器の使用はもちろん、患者様ごとにコップを変えたり、器材を変えるなど、感染予防に力を入れております。


オートクレーブ
<滅菌器(オートクレーブ)>
使い捨て
<患者様ごとに使い分けています>