医院案内インプラント歯周病(顕微鏡検査)入れ歯一般歯科ホワイトニング審美歯科
トップページ>歯周病(顕微鏡検査)

歯周病(顕微鏡検査)


歯周内科治療


 これまでの歯周病治療は、歯科医院で歯石を除去したり、悪い歯肉を手術で切り取ったり、時には歯を抜いたりする外科的な治療が行われていました。
 歯周内科治療は、歯周病が菌によってひきおこされるのであれば、その菌をお口の中から除菌してしまえば、歯周病が治るのではないかという考えでうまれた、最新の歯周病治療法です。

 当院では、国際歯周内科学研究会に所属し、セミナーを受講することにより最新の情報を入手し、患者様に歯周内科治療を提供できるよう研鑽しています。


【歯周内科について】 (国際歯周内科学研究会HPより引用)
 歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に変化し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。
 また、はっきりと自覚できるほど、歯ぐきからの出血や排膿が短期間で改善します。以前は、長時間の歯磨きや外科治療によって1〜2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。

 微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。

(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では、歯の周りの骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合には審美歯科を行う必要があるかもしれません。)


歯周内科治療の治療法


この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

  • 位相差顕微鏡での菌の確認
  • 細菌の除去薬剤の内服
  • カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯みがき
  • 除菌後の歯石とり

 特に位相差顕微鏡での菌の確認は大きなポイントです。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。


−ページTOPへ−


位相差顕微鏡


顕微鏡  菌

【 位相差顕微鏡検査 】
患者さんの口の中の汚れをすこし採取し、顕微鏡で観察します。
顕微鏡で見ることで、現在の菌の状態を確認することができ、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかります。
さらに、画像をモニターに映し出すことができます。

薬による歯周治療終了後には、綺麗な微生物叢を保つために、定期的に顕微鏡による検査、歯石やカビ菌の除去を行う必要があります。


−ページTOPへ−


PMTC


PMTCとは?


 Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。
歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。


 PMTCを行うと、歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。
 また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。


歯の周囲には歯ブラシでは落とせない汚れがあります。


 むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、近年、歯の表面に付着した成熟したプラークは「細菌バイオフィルム」であることがわかってきました。
 細菌バイオフィルムとは「多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて安定した集落を作り、一種の共棲関係にあるような状態」をいいます。このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。
 また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、付け薬、うがい薬などの効果も限定的です。
 PMTCはこのバイオフィルムをはがしとる手段として、最も能率的かつ効果的な方法と考えられています。

PMTC

磨ききれない汚れ

磨ききれない汚れ
長い間歯の表面に付着している細菌(プラーク)は、歯ブラシでは落とせないものがあります。

磨きにくいところ

磨きにくいところ
磨きにくいところのよごれもプロがクリーニングします。

PMTCはこんなステップで行います


ステップ1
1.プラークがどこに残っているのかを染色液で確認します。(行わない場合もあります)
ステップ2
2.歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。
ステップ3
3.プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。
ステップ4
4.歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを落とします。
ステップ5
5.さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。
ステップ6
6.歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。


−ページTOPへ−


歯肉マッサージ


また受けたくなるほどのリラックスタイムをご提供します。


 歯肉は健康なときは薄いピンク色で、内部の毛細血管では、酸素や栄養の補給と代謝産物の排せつが活発に行われています。健康な歯肉や歯を保つには、粘着性の細菌層であるプラーク(歯垢)を取り除き、歯肉マッサージをすると効果的だといわれています。


●歯科専用のアロマ効果のあるジェルで極上のマッサージ
 歯肉マッサージは、歯肉の表面を丈夫にし、血流を促進して代謝を促す効果があります。歯科専用のアロマ効果のあるジェルを使って、丁寧にマッサージをしますので、気持ちがいいだけでなく、リラックス効果もあります。


●歯周病が進行している方、喫煙をされている方にもおすすめ
 歯周病や喫煙されている方は、そうでない人の歯肉に比べ血行不良がみられます。歯肉の血行が悪いと歯肉が弱まり、歯周病が進行しやすくなります。マッサージをすることで血行が良くなり、歯肉全体に栄養が行き届くようになります。


●細菌に対する抵抗力が増加
 歯肉マッサージは、上下の歯肉を奥の歯肉からマッサージしていきます。適度な圧力で気持ちよく血行を促進し、全体的に代謝を促し、細菌に対する抵抗力も増えます。


マッサージの流れ


@お口の中全体にジェルを塗布します。

↓

A歯の下側部分から始めます。人差し指を使って、歯肉や歯槽膿漏部分にクルクルと円を描くようにしてマッサージを行っていきます。

↓

B歯の内側は親指と人差し指で挟んでなぞります。

↓

C歯の上側部分をAと同様に行います。

↓

D最後に頬粘膜を行って終了となります。


一度受けた方は「もう一度受けたい!」と思うくらいリラックスできます。
歯肉マッサージについてご興味がある方は、是非スタッフにお声掛けください。


−ページTOPへ−