医院案内インプラント歯周病(顕微鏡検査)入れ歯一般歯科ホワイトニング審美歯科
トップページ>ホワイトニング

ホワイトニング



歯科治療の目的は、機能以外に審美性(見た目の美しさ)の回復があります。審美歯科は、美しさを重視した治療を行いますが、当院では単に歯の色や形を治すのではなく、機能を考えて処置を行うことにより、美しいスマイルを取り戻したいと考えています。


歯の変色の原因


  • 歯の表面着色
    いわゆる茶渋と呼ばれている食品などに含まれる色素が歯の表面に沈着して歯の色が変色する事があります。タバコを吸われる方はヤニが付きやすいですね。毎日のお手入れによって着色を防止することは可能ですが、一度ついた着色は普段のお手入れでは取れなくなることもあります。この歯の表面の着色であれば、ホワイトニングを受けなくても歯科医院での専門的な歯のクリーニングで歯の色を本来の白さにします。

  • 加齢による変色
    悲しい事に年を重ねるごとに歯の色は黄ばみを増してきます。いくらお手入れに注意していても、黄ばみが起きてしまう事があります。また生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいます。この加齢による黄ばみや生まれつきの黄色い歯は表面から変色が進んでいる場合が多いので、実は歯のホワイトニングがとても効果的に働きます。

  • 薬剤などの影響で深部からの変色
    歯の変色の原因が薬剤や外傷や病気による場合は、深部から変色している事が多いです。有名な薬剤にテトラサイクリンがあげられます。このテトラサイクリンは抗生物質なのですが、昭和40年代によく処方されていました。あなたが小さい時、もしくはあなたのお母様が妊娠中にこの薬剤を大量に服用すると歯が茶色や黒く変色したり、横縞が目立つ変色になる場合があります。このテトラサイクリンの変色は、中程度以上ではホワイトニングの効果が出しにくいことが多いです。また外傷などで歯の神経を取った歯の変色も、内部からの変色のため通常の歯のホワイトニングでは効果が出しにくいことが多いです。

−ページTOPへ−


ホーム・ホワイトニング(自宅でできるホワイトニング)


患者様のお口専用のトレーを作成し、トレーにホワイトニング剤を注入してホーム・ホワイトニングを使用します。寝ている間つけていただくことで、2週間くらいで効果を実感できます。治療期間はおよそ1ヶ月です。早い方だと、数回の使用から効果が現れますが、基本的には、オフィスブリーチング(病院でするホワイトニング)に比べると、効果が現れるのに時間がかかりますが、ホームホワイトニングの方が長く白い歯を保てます。
トレー作成後は、ご自宅で行って頂くわけですが、ジェルを入れすぎて歯肉に付着すると、歯肉の変色、知覚過敏の原因などになるため、注意が必要です。


■ホームホワイトニングの流れ

  1. ホワイトニング用のトレーを作製します。
  2. 歯科医が作製した患者用トレーにジェル材を流しこみます。
  3. 歯を磨き、トレーを口に入れます。
    トレーの端を歯に合わせます。
  4. 清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除きます。
    口を2回すすぎます。
    注意:すすいだ水は飲まないで下さい。


−ページTOPへ−


オフィス・ホワイトニグ(病院でするホワイトニング)


オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、ホワイトニング剤に光を照射し、短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。


■光を照射する「ホワイトニング」


当院では光を用いたシステムを導入しています。
このシステムによるオフィスホワイトニングでは、はじめに十分に納得のゆくまでカウンセリングをし、ホワイトニングする為の検査をしてから治療に入ります。このシステムは喫煙やコーヒー、紅茶の飲用、また薬物(フッ素やテトラサイクリン)による歯の変色、老化や遺伝による黄ばみにも優れた効果があります。


カウンセリングを終えた後、歯の汚れを除去し薬剤を歯に塗布します。熱を発しない安全な光を照射します。


歯の汚れを除去して光照射が済むまで、約45分間程度で終わります。(照射時間には個人差があり、必ずしもその限りではありません)


※パワーの強いハロゲン光を使用しており、特許取得済みの特別なフィルターで、この強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、非常に安全です。





−ページTOPへ−


ホワイトニング治療前の検査


口腔内がホワイトニングに適した状態であるか検査を行います。

  1. 虫歯、歯軋り、歯周病、無カタラーゼ症、妊婦の方、多量の歯石が付いている場合等は、当日すぐに、ホワイトニングを受けられない場合があります。

  2. 疾患の可能性のある場合は、レントゲンを撮り、歯の中の様子を診断しなければならないケースもあります。

  3. 診断の結果が、1、2のような場合(妊婦の方を除く)で、当院で治療を希望される場合や、レントゲンで診断が必要となる場合は、ホワイトニング費用の他に、初診料及び諸費用が加算されます(保険適応)。
    ※保険治療と同じ日には行えません。

−ページTOPへ−


ホワイトニングの際のご注意

  • 人によってはホワイトニング中に歯がしみるような場合がありますが、治療終了とともに痛みは消えます。

  • ブリーチングには個人差があり、回数や治療期間には異なります。

  • 1回のホワイトニングで希望した白さになる人もいれば、数回のホワイトニングが必要な人もいます。

  • 歯は一度白くなったからといって、永久に白いままではありません。定期的にメンテナンスを受ける事が必要です。

  • ホワイトニングでは人工の歯やかぶせものの歯を白くすることはできません。

−ページTOPへ−


ホワイトニングQ&A


Q:なぜ、白くなるのですか?


A:主成分の過酸化尿素が化学反応を起こし、その結果発生する活性酸素による漂白作用のためです。



Q:痛くないですか?


A:歯の状態(破損、亀裂、磨耗、知覚過敏などを除き)が悪くなければ、痛みはでません。
ただし、知覚過敏を発症することがまれにあります。



Q:ホワイトニングは誰にでも有効ですか?


A:誰でもできるというわけではありません。ホワイトニングが有効かどうかは、歯科医師とよく相談して下さい。虫歯が多い場合や知覚過敏がある場合、また歯に大きな亀裂がある場合には、ホワイトニングが出来ない事があります。又、人工歯、詰め物、金属により変色していしまった歯などは、ホワイトニングできません。



Q:治療期間はどれくらいですか?


A:歯が白くなる期間には個人差があります。また、歯によっても白くなり易い歯となりにくい歯があります。歯科医師がシェードガイドにより現在の歯の色を測定し、ホワイトニング後の色を予測しますが、はっきりと期間と効果を限定することは出来ません。通常は2週間ホワイトニングを続け、効果を判定してから終了か継続かを決定します。



Q:ホワイトニングの効果はどれくらい維持しますか?


A:ホワイトニングの効果は永久ではありません。ホワイトニングの効果を少しでも維持させる為には、日常のお手入れが欠かせません。たばこ、コーヒー、紅茶、コーラ、カレー、赤ワイン等が歯の着色を促進します。1年に1〜2回、1〜2日の追加ホワイトニングを行う事により解決します。



Q:年齢はいくつから可能ですか?


A:16才以上から可能です。



−ページTOPへ−